プリザーブドフラワー 販売 | Blue Rose iCCO プリザーブドフラワーを中心にアーティフィシャルフラワーも取り混ぜたアレンジメントのお花を販売するBlue Rose iCCOでは、「花のある暮らし」をコンセプトに、お好みの色や形をお伺いして、出来るだけご希望に沿ったものをオーダーメイドでお作りしております。ご自宅用としてはもちろん、大切な人への贈り物にもおすすめです。

社会人に必要な訪問時の仏壇マナーの詳細について

 

社会人に必要な訪問時の仏壇マナーの詳細について

 

 

この記事を読むための時間:3分

 

社会人として知っておくべきマナーとして仏壇へのお参りがあります。

 

仏壇へのお参りのために友人や知人の自宅を訪問した際、正しい作法でお参りしなければ失礼にあたるので注意しなければいけません。

 

本人にお悔やみの気持ちがあってもマナーを知らなければ社会人失格と言えます。

 

故人を偲ぶ気持ちを正しく示すためにも訪問時の仏壇マナーについて学びましょう。

 

 

 

仏壇へのお参りの意味

 

仏壇マナーを正しく知るためには何のために仏壇へお参りするのかを理解しなければいけません。

 

仏壇は故人の魂が降りてくる場であり、家族単位で持つ先祖供養の場でもあります。

 

そのため、お参りの際は故人への敬意を持つことを忘れてはいけません。

 

また、親族への労わりの気持ちを持つこともマナーのひとつと言えます。

 

故人の死をもっとも悲しんでいるのは身近な親族なので、そのことを考慮して接することを心がけます。

 

 

 

 

訪問時の身だしなみや持ち物について

 

仏壇へのお参りを目的とした訪問は事前の連絡が欠かせません。

 

故人へのお別れの挨拶であってもまずは親族への配慮が必要になります。

 

連絡をせずにいきなり訪問するのは仏壇へのお参りに限らず、非常識で失礼な行為と言わざるを得ません。

 

どのような場合であれ、まずは連絡を行って都合の良い日時を確認するように心がけます。

 

訪問する際の身だしなみについては明確な決まりはなく、基本的には自由です。

 

普段着でも問題はありませんが、それでも故人への挨拶であることを踏まえ、極端に派手な服装は避けるのが良いでしょう。

 

わざわざ喪服を用意する必要はありませんが、デザインや色合いが地味な服装にするのが無難です。

 

持ち物についても同様であり、仏壇へのお参りに不要なアクセサリー類は避けます。

 

小物類も数を減らし、煌びやかな装飾が施されている物は持たないのがマナーです。

 

女性の場合は化粧も派手にならないように注意することが大切ですが、まったく化粧をしないのも見栄えが良くありません。

 

派手に感じない程度の薄化粧を施すのが無難と言えます。

 

 

 

 

訪問時の挨拶の方法

 

友人や知人宅であっても故人の親族であることから、挨拶の方法には注意しなければいけません。

 

畏まる必要はありませんがフランク過ぎるのも考えものです。

 

友人や知人としての距離感を保ちつつも、故人の死を悲しむ親族への配慮を持つことが社会人としての正しい姿です。

 

挨拶の方法としては故人に対して線香をあげることへの許可を貰うのが一般的です。

 

葬儀の場での挨拶は故人が信仰していた宗派によって作法の違いがありますが、仏壇へのお参りなら気にする必要はありません。

 

故人を偲ぶ気持ちが重要なので、細かい作法に囚われずに仏壇の前で手を合わせるのがもっとも正しいあり方と言えます。

 

その際は親族への挨拶も併せて行い、香典や仏壇へのお供え物を持参していればこの時に手渡しします。

 

 

 

 

お参りに最適な人数

 

仏壇へのお参りは故人と何らかの関係があった人が行うのが普通です。

 

そのため、お参りする本人の家族や友人であっても故人との接点を持たない人が一緒に訪問するのは適切とは言えません。

 

故人の親族にとっては複数の人を迎えなければいけない形になるので、人数が多くなればそれだけ負担も大きくなります。

 

故人と関係がある場合でも大人数で押しかけるのは非常に迷惑な行為です。

 

そのため、最低限の人数に留めることが重要と言えます。

 

故人への挨拶を正しく行うと共に節度のある振る舞いを心がけることが社会人としての務めです。

 

 

 

 

故人と親族の両方への気配りが大切

 

仏壇へのお参りは故人を偲び、お別れの挨拶の意味があります。

 

また、故人の親族に対して失礼の無いように正しいマナーで接することも社会人としての正しい姿ですが、それ以上に故人の死を悲しむ親族への労わりの気持ちを持つことを忘れてはいけません。

 

マナーの正しさを知ることも重要ですが、何よりも相手への気配りが大切と言えます。

 

 

プリザーブドフラワー 販売 | Blue Rose iCCO

プリザーブドフラワー 販売 | Blue Rose iCCO

プリザーブドフラワーを中心にアーティフィシャルフラワーも取り混ぜたアレンジメントのお花を販売するBlue Rose iCCOでは、
「花のある暮らし」をコンセプトに、お好みの色や形をお伺いして、出来るだけご希望に沿ったものをオーダーメイドでお作りしております。
ご自宅用としてはもちろん、大切な人への贈り物にもおすすめです。

屋号 Blue Rose.iCCO
住所 〒189-0013
東京都東村山市栄町2
電話番号 050-5359-4142
※営業のお電話はご遠慮ください。
営業時間 10:00~18:00
定休日:不定休
代表者名 志賀 逸子 (シガ イツコ)
E-mail info@bluerose-icco.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

特集