Blue Rose iCCO プリザーブドフラワーを中心にアーティフィシャルフラワーも取り混ぜたアレンジメントのお花を販売するBlue Rose iCCOでは、「花のある暮らし」をコンセプトに、お好みの色や形をお伺いして、出来るだけご希望に沿ったものをオーダーメイドでお作りしております。ご自宅用としてはもちろん、大切な人への贈り物にもおすすめです。

仏壇にお供えする花の種類とマナー

 

仏壇にお供えする花の種類とマナー

 

 

この記事を読むための時間:3分

 

仏壇に花をお供えするときは、どんな花がいいのか迷ったことはありませんか?そして、仏壇にお供えする花は、生花ではないダメだと聞いたことがある人もいるでしょう。

 

どんなに美しくても、造花ではいけないのでしょうか?もしかして、お供えしてはいけない花もあるのでしょうか。

 

そこで、この記事では仏壇にお供えする花の種類とマナーについて解説します。

 

 

 

仏壇に花をお供えするときのマナー

 

仏壇にお供えする花は、仏花と呼ばれ、お香や灯籠と同様に、故人やご先祖様を供養するために必要だとされてきました。

 

また、厳しい自然のなかでも、凛として立ち続ける花と、厳しい修行に耐える人々の姿を重ねて、仏壇にお供えするようになったともされています。

 

ですが、花だったらなんでも良いというわけではありません。

 

そこには、仏花を飾るときのマナーがあるのです。

 

故人やご先祖様を供養するには、まずはマナーについて学ぶことが大切です。

 

仏花は、飾る本数に気を付けることが必要です。

 

仏教では、奇数は縁起が良い数字とされ、偶数はタブーだとされてきました。

 

その理由は、偶数は割りきれる数字であるため、故人との繋がりが切れることを意味しています。

 

そのため、仏花を飾るときには、奇数の本数にしましょう。

 

 

 

 

生花と造花

 

仏壇にお供えする花のマナーについて調べたときに、造花はダメだと聞いたことがある人もいるでしょう。

 

それは、仏教では枯れた花を飾ることがマナー違反であるからです。

 

ですが、生花は毎日水を変えなくてはならず、頻繁に家を留守にする人や、仕事や家事で忙しい人にとっては、大変なことです。

 

そんなときには、造花やプリザーブドフラワーを飾るという選択肢もあります。

 

生花ではありませんが、美しい状態を保ち続けることができるため、枯れることはありません。

 

特に、プリザーブドフラワーは、生花に特殊加工を施したものです。

 

つまり、限りなく生花に近いといえるのです。

 

命日などの特別な日以外は、生花以外の花を飾っておくことで、故人や先祖を供養できるのではないでしょうか。

 

 

 

 

仏壇に飾っても良い花

 

仏壇に花をお供えしたいと考えても、どの花を飾ったら良いのか迷ってしまうという人もいるでしょう。

 

仏壇と聞くと、菊の花を連想する人もいるかもしれませんが、他にもお供えするときにふさわしい花はあります。

 

春には、ユリやアイリスなど淡い色合いをしたものを選びましょう。

 

特にユリは華やかで風格もあるため、上品な印象を与えてくれます。

 

また、母親を亡くした人にとっては、母の日の花であるカーネーションを飾るのも良いでしょう。

 

夏の暑い季節には、爽やかな色合いをした、リンドウやグラジオラス、トルコキキョウもあります。

 

特に、トルコキキョウは暑さに強く枯れにくく、清楚な美しさを称えた花で、人気が高いです。

 

更に、涼しくなってきた秋には、見た目が華やかなホオズキや、色とりどりのコスモスもおすすめです。

 

他にも、故人が生前好きだった花を、意識的に飾るのも良いでしょう。

 

 

 

 

仏壇に飾ってはいけない花

 

仏壇に飾ってはいけない花は、刺があったり、臭いがきつい花です。

 

バラのように華やかで品のある花を飾りたい人もいるでしょうが、刺に触れると怪我をする可能性が高いため、避けることが大切です。

 

また、臭いがきつい花の場合は、長時間飾っていると、その香りに不快になるかもしれないため、仏壇に飾るには不向きです。

 

仏壇に飾る前に、よく考えてから決めるようにしましょう。

 

 

 

 

仏壇に花を飾る大切さ

 

仏壇にお供えする花を選ぶことは、故人や先祖を供養したいという、心の表れです。

 

どの花にしようか迷ったときには、どんな花を選んだら喜んでくれるのかを考えるようにします。

 

大切なのは、生花か造花かではなく、心を込めて選んでいるかどうかということなのです。

 

季節にふさわしい花を選んで、故人や先祖へ想いを馳せてみましょう。

 

 

プリザーブドフラワー 販売 | Blue Rose iCCO

Blue Rose iCCO

プリザーブドフラワーを中心にアーティフィシャルフラワーも取り混ぜたアレンジメントのお花を販売するBlue Rose iCCOでは、
「花のある暮らし」をコンセプトに、お好みの色や形をお伺いして、出来るだけご希望に沿ったものをオーダーメイドでお作りしております。
ご自宅用としてはもちろん、大切な人への贈り物にもおすすめです。

屋号 Blue Rose.iCCO
住所 〒189-0013
東京都東村山市栄町2
電話番号 050-5359-4142
※営業のお電話はご遠慮ください。
営業時間 10:00~18:00
定休日:不定休
代表者名 志賀 逸子 (シガ イツコ)
E-mail info@bluerose-icco.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

特集